So-net無料ブログ作成

自分はリーネの合成緩和に賛成 【DQ10】 [雑記]

727_051.jpg

アプデ後にリーネの緩和が実装されるようですね。

当ブログでこの内容に触れなかったのには3つの理由があります。

まずひとつは、非難する理由がないということです。自分の資産ギリギリで何百もやっても終わらないような人には、さすがに非難すべき点はあるかもしれませんが、自分としては例えはまってたとしても、結局理論値を目指すわけですから、どっちでもいいという理由がありました。

もうひとつの理由が、必須アクセサリが増えてきたため、緩和をしてあげないともうきついのでは?という意見です。私のフレンドにアクセサリをまったくやっていないフレンドがいます。そのこと自体はいいのですが、さすがに積み重ねがすべてのオンラインゲームで、アクセサリの合成を頑張っていないと、1つ1つは些細な差ではありますが、それが集まれば大きな差になってしまうのは明白です。

最後の理由に、遠すぎる目標があると頑張れない人の方が多いという理由です。私はなんとか忠誠を完成させることができましたが、正直Gというより終わりの見えない戦いの方がつらかったです。いつ終わるんだろうとか、本当に5がつくのだろうかなどの、ある意味恐怖に近いものを感じていました。なのである程度ゲームに慣れている自分ですらきついのに、一般的なユーザーからしたらもっときついのでは?という個人的な考えがありました。

以上の3つの理由から自分はリーネの合成緩和については特には触れてはいませんでした。賛成派の意見を書いてもあまり面白味もないですしね。

合成緩和についての意見をかいてみましたが、これで終わりじゃ記事としてはつまらないので、今回は合成緩和による運営の狙いというものを少し考えていこうかと思います。

スポンサード リンク





それでは合成緩和による運営の狙いについて書いていこうかと思います。

まずはコンテンツの緩和とはどういうことか?について考えてみようかと思います。

コンテンツはどのプレイヤー層に遊んでもらおうか?というターゲットようなものを決めて作成します。例えばストーリークリアのレベルであれば、DQ10をそこそこ遊んでくれている層を意識して作るわけです。つまりストーリーをクリアしたいのであれば、そのレベルまで上げてねという運営からのメッセージも込められたコンテンツになっています。

そしてこのコンテンツを緩和するということは、

ターゲットとしている層の水準を下げる

と同義になります。

ではここで緩和のわかりやすい過去の事例を1つ上げます。

あるコンテンツの実装時は、一般ユーザーには敷居が高くなっており、とあるボスに至っては倒すことすらままならない強さになっていました。

今でいうオーブ金策がこれにあたります。今でこそどんな構成でも勝つことはできますが、当時は本当に強くて、いわゆる戦闘の基礎と呼ばれるスイッチ等の戦法も、この時代に誕生しました。最近始めた人には考えられませんよね。

このように緩和をすると、目に見えてユーザー層が変わるという傾向がオンラインゲームにはあります。これを踏まえて今回のアクセサリーの合成を考えてみると、

アクセサリーの合成をガチ層から一般層に下げる

という狙いがあるかと思います。これに伴い皆さんには1つ覚えてほしいことがあります。

緩和をするということはそれが前提になる

ということです。つまり理論値が付きやすくなった場合、ついていないと厳しいコンテンツを出されても、文句を言ってはいけないということになります。これはアクセサリー合成が一般水準になった場合どうしても避けることのできない事実になってしまいます。

今まではアクセサリの合成を前提としたコンテンツを出すことは難しかったと思います。それこそ運と言い切っている以上、運が悪い人も少なからずいるはずなので、それを前提として作ってしまうと、これは良バランスとはとてもいえないものになってしまいます。だからこそ運営は今まで一般層の負担にならないように、理論値の作成難度を上げていました。

ですが今回の緩和があるということは、運営的にはもうアクセサリーはライト層でも理論値でいいんじゃない?という考えに至った可能性があります。

簡単にいってしまえば、レベルカンスト感覚でアクセサリを理論値にしてもらいたい、という事になるかと思います。なので今回の緩和はある意味大きな変化を生む可能性があるかと思います。

そうなると、ガチ層をターゲットにしたコンテンツは無くなるのか?

それは無いかと思います。まだ断定はできませんが、3.0にこういったガチの層を縛ることのできるコンテンツの目処がたったといいますか、そういう予定があるからこそ今回の緩和に踏み切ったのではと思っています。

ありそうなのは新規育成要素ですかね。あれが廃層を狙ってくるかもしれません。いずれにせよ、緩和というのは水準の低下を意味するので、アクセサリの合成を前提とした戦闘バランスになることは間違いありません。

緩和の怖さというものがわかってもらえればと思い、今回はこの記事を書かせてもらいました。どのくらいつきやすくなるかまではわかりませんが、DQ10の歴史が動こうとしていることは間違いないでしょう!

結論!!
アクセサリの理論が通過点になる時代が来そうです

top.png

top2.png

スポンサード リンク





nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 4

ういはる

長くやった人が2年遅れて始めた人と同じになり、横並びになってしまうとどうしてもいい思いはしませんよね 
 ただ、ガチとライトが一緒に混ざってやれるのを想定するとやむを得ないですよね(^o^;)
 まあ度重なる緩和で、みんなこういうゲームなんだ、他のMMOとは違うんだってのも分かってきたころだとおもうし、各々のやりかたでうまく溶け込んでいくしかないですな
筆者さんのような大人な考えができる人のが少ないだろうし、しばらくは緩和で荒れそうですが(^o^;)
 
by ういはる (2014-12-19 14:28) 

通りすがり

さすがに全員理論値が当たり前の世界にはならないと思いますが、
たとえば竜玉でいえば333あたりは持っていることを
前提としたバランスで今後すすんでいくのでしょうね。
それにしても最大値のつく確率はどの程度あげてくるのでしょうね?
現状4%?5%といわれてますので8~10%ぐらいでしょうか。
by 通りすがり (2014-12-19 15:24) 

rinoeru

>ういはるさん

自分も緩和されたら悔しくないかと言われれば、もちろん100%は否定はできませんが、みんなが楽しめるとなれば、それは必然的なことのような気はしますね。

この緩和はかなり意見が割れそうではありますが、記事にも書いた通り、新しい何かがくるという事であれば、次はそちらを目指せばいいわけですから、自分としてはやはり賛成ということにしたいです。

コメント本当にありがとうございました!
by rinoeru (2014-12-19 19:19) 

rinoeru

>通りすがりさん

すばらしい意見ありがとうございます。

つきやすさにもよるかもしれませんが、確かに333位のバランスになりそうですね。

一回り位は上がるのでは?と考えているので、自分も8〜10%位とは読んでいます。

理由としては、極端に上げすぎてしまうと今度は達成感というものが失われてしまい、ゲームとしての面白味を損ねてしまう可能性があるから。という風に考えています。

緩和がプレイヤーに活気を見出してくれればいいのですがね・・・。
by rinoeru (2014-12-19 19:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。